Home » 楽しいセフレ » 未成年とは絶対にセフレにならないように

セフレ関係は双方の合意さえあれば、自由に関係を結んで問題ありません。
ただ、それはあくまで女性が成人だった場合の話であり、もし未成年だった場合はセフレ関係を結んではいけないのです。

18歳未満との性行為は、たとえ相手からの同意があったとしても、法律で禁止されています。
もしそのことが知られてしまうと、とても大変なことになってしまいかねません。

もちろん、セフレを作ろうと考えている人は、そういったことは十分に理解していると思います。
ただ、問題は未成年とセフレになるつもりは一切なくても、女性側が年齢を偽っている可能性があります。

どの出会い系サイトやアプリでも、年齢確認は行っているのですが、身分証の提示を求めるところはまだまだ少ないです。
したがって、仮に18歳未満だったとしても、年齢を偽って登録することができてしまいます。

そのため、特に若い女性とセフレになりたいと思っているのであれば、年齢に関する部分は十分に注意しなければなりません。

お金の出費を抑えながらセックスが楽しめる

セフレと付き合う大きな魅力として、お金の出費を抑えながらセックスを楽しめるという点です。
風俗は言うまでもなくお金がかかりますし、恋人と付き合う場合もデート代や食事代など結構な出費を伴うことになります。

ところがセフレの場合は、基本的にホテルでセックスをするだけで終わりですから、必要となるお金はホテル代と交通費ぐらいです。
事前に軽く食事をしたりお酒を飲む場合でも、数千円ぐらいで済むケースがほとんどです。

これなら、金銭的に風俗に行ったり恋人と付き合うのが難しい人でも、手軽にセックスを楽しむことができます。
それに、煩わしい関係に悩む必要もありませんし、別れたい時はいつでも別れることが可能です。

セフレを作る際にも、無料で利用できるサイトやアプリが充実しているため、こちらもお金がかかることは一切ありません。
昔のように、セフレを作れるのは一部の人だけの特権でもなくなりましたし、誰でも好きなようにセックスを満喫できる時代となっています。